二重マスクはどっちが上?お洒落や肌荒れと息苦しさは解消できるか調査

こんにちは!

最近、二重マスクが話題になっていますね。

「不織布マスク警察」が出るほど

感染拡大を予防するには不織布マスクの着用が適している

とは理解していても

「不織布マスクを着用すると肌が荒れる」といった個人的な理由や

「感染は予防したいけど、おしゃれ・見た目も楽しみたい」

「不織布マスクだけでは息苦しくて仕方ない」

などという理由の面から、不織布マスクにもう一枚マスクを重ねて利用する方が増えているようです。

今回は、二重マスクにするなら

・どっちが上になるか?

・二重マスクの上下による効果

・息苦しさ

について調べてみました。

二重マスクどっちが上?問題

不織布マスクに、好みのマスクを重ねて利用する場合、その目的によってどっちを上にするか?が変わってきます

確かにマスクを1枚しか付けていないよりは、2枚重ねているほうが感染予防の観点からは適しているような気もしますが、その目的によってどちらを上にするかは、人それぞれ違っています。

おしゃれ感覚⇛不織布マスクが下

可愛らしい、おしゃれな柄の布マスクの下に不織布マスクを着用する方法。

洋服や、その日の気分に合わせてマスクを選ぶというのは、最近では当たり前のことになってきています。

せっかくお洒落をしても、味気ない色のマスクをただ着用するよりは好きな柄や色のマスクをコーディネートしたい気持ちは十分理解できます。

肌荒れ問題⇛不織布マスクが上

不織布マスクを直接肌に付けると乾燥したり肌荒れをしてしまう方が、不織布マスクの下に布マスクやウレタン・ガーゼマスクを重ねて使用しています。

不織布マスクは感染予防には適していますが、コロナ感染が拡大し始めた当初、慣れない不織布マスク着用によって肌がひどく荒れてしまった方が増え、皮膚科が大変混雑したというニュースもありましたね。

息苦しさ⇛不織布マスクが上

仕事柄、話す事が多い・動き回る作業が多いという方は、不織布マスクの下にウレタンマスクを着用している方が多いようです。

ウレタンマスクによって5ミリ弱ほどの隙間ができるので、不織布マスク単体で着用するよりは呼吸がしやすくなります。

実はこの記事を書いている私も、二重マスク派です。

職業柄、かなりの作業量&発声量なので、いろいろと試した結果『不織布マスクの下にカットしたウレタンマスク』で落ち着いています。

始めはウレタンマスクの上に不織布マスクマスクを重ねていたのですが、マスクの耳に掛ける部分が二重になるのに耐えられず、ウレタンマスクの耳の部分を切ってみたら意外と快適になりました。

安心のため⇛どちらが上でもこだわらない

ただひたすら、感染予防のための二重マスクという方もいらっしゃいます。

中には不織布マスクを二枚重ねという猛者も。

ただ、どの方法でも注意しなくてはいけないのは、不織布マスクは鼻と口をしっかり覆うように着用することです。

感染予防という本来の目的は、見失ってはいけませんね。

やはり二重マスクは、それなりに効果はあるようです。

まとめ

二重マスク利用時の不織布マスクの上下については、利用の目的によりそれぞれ違いがあることがわかりました。

二重マスクは、マスク一枚のみの着用より感染予防効果はあるという研究結果もありました。

ですが、注意しなくてはいけないのは、不織布マスクで鼻と口をしっかり覆うように着用したうえで、二枚目のマスクを目的によって効果的に利用することです。

結果、二重マスクとは、

不織布マスクを、自分用最適にどうアレンジして着用するか?という問題ですね。

 

⇓今はコレ!ナノレベルの微粒子(ウィルス)を補集できるフィルター内蔵マスクがおすすめ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です