鬼滅の刃【煉獄外伝】はいつから掲載?作者(平野稜二)のwikiや過去作品も調査!

人気絶頂のさなか、「鬼滅の刃」が完結してしまいました。

まさに鬼滅ロスに陥ってしまいそうなところに、「鬼滅の刃」スピンオフ短編「煉獄外伝」の制作が決まった!という嬉しいお知らせが!!

2020年秋に公開予定の「鬼滅の刃〜無限列車編〜」では、話の要となる炎柱・煉獄杏寿郎の新たな物語です。

まだ制作が決定したばかりですが、ジャンプへの掲載がいつになるか今から楽しみですね。

また、「煉獄外伝」を手掛ける平野稜二先生は作画が大変丁寧なことで有名なので、どんな作品として仕上がってくるのかも見逃せません。

現時点では制作決定のみで、ジャンプ掲載時期は未定です。

そこで今回は、映画「無限列車編」の公開日をもとに掲載時期を予想しています。

 

また、「煉獄外伝」の作者、平野稜二先生をご存じない方のために

  • 平野稜二先生のwikiプロフィールや経歴
  • 平野稜二先生の過去の作品や読み切り作品

についてまとめてみました。

鬼滅の刃「煉獄外伝」のジャンプ掲載はいつ?

今はまだ
「鬼滅の刃が最終回を迎えたこと」
「煉獄外伝の制作が決まったこと」
「劇場版に登場の煉獄さんの魅力を更に伝えること」

しか発表されていません。

そこで、今秋公開予定の鬼滅の刃〜無限列車編〜をもとに予想してみたいと思います。

鬼滅の刃〜無限列車編〜の公開日から予想!

「煉獄外伝」のジャンプ掲載日を予想する上で、どうしても外せないのは炎柱・煉獄杏寿郎が登場する映画「鬼滅の刃〜無限列車編〜」の公開日です。

2020年4月10日の公式発表によると、映画公開日は2020年10月16日となっています。

ファンの希望としては、すぐにでも「煉獄外伝」を読みたいところですが、制作にかかる準備や作業期間、劇場版公開への宣伝効果など考えると、夏の終りか秋のはじめ頃になるのではないでしょうか…(まだまだ先やん!)

もちろん前編・後編、もしかしたら短期連載かも…。

「煉獄外伝」は、煉獄さんの魅力を最大に表現する作品となり、読んだ後はきっと劇場に足を運びたくなるでしょう。

なので当サイトとしては、「煉獄外伝」のジャンプ掲載は、劇場版公開直前の4週で短期連載!と予想します!!

鬼滅の刃「煉獄外伝」の作者、平野稜二とは

「煉獄外伝」の作者は吾峠呼世晴先生ではなく、「きめつのあいま」や「冨岡義勇 外伝」の作者、平野稜二先生です。

とても丁寧で美しい作画を仕上げることで、ファンの期待も絶大です。

平野稜二のwikiプロフィールと経歴

平野稜二
1995年3月23日生まれ
富山県富山市出身

子どものころから『週刊少年ジャンプ』を愛読。
富山高等専門学校在学中に漫画を描き始め、4年生の頃に週刊少年ジャンプの新人漫画賞に投稿。
このとき入選は逃すものの、担当編集者が付くことになった。

その後、長岡技術科学大学(新潟県)に編入し卒業。卒業後は就職せずに、職業漫画家を目指して東京都へ。漫画家のアシスタントを務める。

(引用:wikipedia)

高専4年生といえば19歳の頃ですね。
すぐに担当編集者がつくとは、素晴らしい実力を持った方なのですね。

平野稜二の作品

2014年 超獣GIGA ( 読切)『少年ジャンプNEXT!』

2015年 カラグリラ ( 読切)『ジャンプNEXT!!』
BOZE (読切)『週刊少年ジャンプ』

読み切り作品を2本発表されたのは19歳から20歳の頃です。
学校の勉強と仕事との両立は大変だったでしょうね。

 

卒業後、職業漫画家としての作品を発表します。
2018年 BOZEBEATS – 『週刊少年ジャンプ』2018年7号 – 20号連載
勇者ご一行の帰り道 -(読切)

2019年 『鬼滅の刃』関連作品

      • 鬼滅の刃 冨岡義勇【外伝】 - 前後編。2019年18号・19号連載
      • 鬼滅の刃公式スピンオフ「きめつのあいま!」 4月7日 〜9月28日、全26話

現在、帝都聖杯奇譚Fate/type Redlineを『TYPE-MOONコミックエース』で連載中。

こんなに美しい作画での「煉獄外伝」が、ますます楽しみです!

まとめ

今回は、鬼滅の刃「煉獄外伝」がいつジャンプに掲載されるのか、筆者の勝手なお願い予想と、「煉獄外伝」の作者である平野稜二先生の紹介をまとめてみました。

2020年10月に公開される「鬼滅の刃〜無限列車編〜」との兼ね合いや、「煉獄外伝」の制作準備と制作期間を考え、もしかしたら短期連載…という希望も加味しつつ、「煉獄外伝」のジャンプ掲載は劇場版公開直前の4週で短期連載!と予想します!!

「煉獄外伝」の作者である平野稜二先生は、富山県出身の26歳。

富山高専在学中に担当編集者が付くほど、実力をもった方です。

読み切りや連載作品を手掛ける中、「鬼滅の刃」関連作品の「きめつのあいま」「冨岡義勇 外伝」の作者でもあり、丁寧で美しい作画で、鬼滅ファンからも絶大な信頼と人気を集めています。

早く炎柱・煉獄杏寿郎の「煉獄外伝」が読みたいですね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です