伊勢谷友介の逮捕で「るろうに剣心」影響は?公開中止・延期の可能性を調査!

俳優でもありモデル・美術家・映画監督としてマルチに活躍する伊勢谷友介さんが、大麻所持で逮捕されてしまいました。

伊勢谷友介さんは2021年公開予定の「るろうに剣心・最終章」に四乃森蒼紫として出演しており、その公開も中止になってしまうのではないか?と心配されるところです。

一体、どうなってしまうのでしょう?

伊勢谷友介逮捕で「るろうに剣心・最終章」の公開に影響は?

「るろうに剣心」は佐藤健さん主演の大人気映画シリーズです。

伊勢谷友介さんは今回の最終章だけでなく、「京都大火災編」「伝説の最後編」にも出演していたので、今後地上波テレビなどでの放映が敬遠さたり、ネットでの配信にも影響が出る可能性も考えられます(T_T)

当初「るろうに剣心・最終章」は、2020年7月3日(金)・8月7日(金)に公開される予定だったのですが、新型コロナウィルスによる影響のため2021年のGWまで公開延期となっていました。

伊勢谷友介さんはこの映画では主演ではありませんが、重要な役どころであるため影響はかなり大きいのではないかと予想されますね。

作品公開中止・延期の可能性は?過去の事例を調査!

俳優・女優の逮捕によって、映画や放送予定だったドラマの公開中止や取り直しによる延期、という過去の事例を調べてみました。

伊勢谷友介さんは大麻で逮捕されているので、薬物関連で逮捕された俳優さんの事例をみてみましょう。

ピエール瀧さん

2019年3月12日麻薬取締法違反容疑で逮捕されました。

ピエール瀧さんが逮捕された際、NHK大河ドラマ「いだてん」に影響があり、出演部分の撮り直しと差し替えがありましたが、放送は継続されました。

しかし出演していた映画「麻雀放浪記2020」では公開を協議されています。

劇場公開については、中止または延期、編集した上での公開、ノーカットでの公開など議論が重ねられましたが、その結果東映は

あってはならない罪を犯したひとりの出演者のために、作品を待ちわびているお客さまに、既に完成した作品を公開しないという選択肢は取らないという結論に至った(引用:映画.com)

という決定を下したのです。

沢尻エリカさん

2019年11月16日 合成麻薬MDMAを含む粉末カプセル所持による麻薬取締法違反の容疑で逮捕されました。

1話から10話まで撮影が進んでいたNHK大河ドラマ「麒麟が来る」では、川口春奈さんを代役に立て、沢尻さんの出演部分を全て撮り直し放送を継続しています。

沢尻エリカさんの逮捕時、CMや公式スポンサーのHPからは全て削除されました。

しかし既に公開中だった映画「人間失格・太宰治と3人の女たち」は公開がそのまま続行され、DVDも発売されています。

配給は松竹、アスミック・エースです。

「るろ剣」の制作・配給はワーナー・ブラザース映画ですが、作品が公開中止だけは避けて頂くよう祈るしかありません。

まとめ

今回は大麻所持で逮捕された伊勢谷友介さんが出演している映画「るろうに剣心・最終章」が公開中止や延期になる可能性について調査してみました。

薬物関連で過去に逮捕された、ピエール瀧さんと沢尻エリカさんの場合を調査してみましたが、どちらの場合も映画作品の公開中止はありませんでした。

制作・配給会社の判断によるところとなりますが、映画の公開中止だけは、避けていただきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です