海苔
ウシケノリ科
 ―
出荷時期
10月~3月
 

「熊本市の農業と水産業 H22」抜粋記事

 本市地先のノリ養殖は、大正時代に玉名市大浜より種の付いた女竹を坪井川河口に移植して養殖が始まった古い歴史があります。

 その後、昭和35年頃から人工採苗技術が開発され本格的な生産が始まりました。

 さらに、昭和52年には全自動乾燥機(加工機)が普及し、安定生産への努力が図られています。

 養殖場は、有明海の沖合約100Kmにまで広がり、10月から翌年の3月まで、黒くて柔らかく香りの良い上質のノリが生産されています。

【関連ホームページ】
製造・加工業.販売業
2012年03月21日更新