馬
 

「熊本市の農業と水産業 H22」抜粋記事

 もともと日本には馬はいなかったらしく、最初は乗用馬として朝鮮半島から入ってきたと考えられています。
 品種は大きく分けて競馬などで多く見られる軽種馬と主に食肉用となる重種馬の二つに分けることができ、重種馬は大きいものでは1トンを超えます。
 熊本は馬の肉を刺身にして食べる全国的に見ても非常に珍しい地域ですが、「馬刺」は熊本名物として観光客をはじめ多くの人に喜ばれています。本市では、小山、戸島、城南地区などで飼育されています。 
2012年03月21日更新