うめ
バラ科
ウメ
出荷時期
6月中旬~6月下旬
 

「熊本市の農業と水産業 H22」抜粋記事

 近年、アルカリ健康食品としても注目されているうめは、松尾町に古い産地がありますが、夏期における果樹農家の所得向上と温州みかんと労力的に競合しない品目として、平成5年頃から栽培が盛んになりました。現在は芳野、植木地区を中心に栽培が行われています。
 主な品種として「玉英」及び「南高」があり、熟期は玉英が6月中旬、南高は6月中~下旬で、主に加工用(梅干し)として出荷されています。

 

【関連ホームページ】
2012年03月21日更新