れんこん
スイレン科
ハス
出荷時期
5月中旬~6月(ハウス栽培)、7月~3月(露地栽培)

「熊本市の農業と水産業 H22」抜粋記事

 本市のれんこんは昭和24年頃から栽培が始まり、現在は主に沖新町高砂地区及び天明地区で栽培されています。高砂地区ではハウス栽培の早生れんこんが多く、5月中旬~6月でほぼ出荷が終わります。天明地区は、ハウス栽培もありますが露地栽培が主で年間を通して出荷されています。
 また、「辛子れんこん」は熊本名物として全国に知られていますが、植物繊維・鉄分等が豊富に含まれるため、最近では健康食としても注目されています。

 

【関連ホームページ】
2012年03月21日更新